緑のパッサージュ2021 緑のパッサージュ2021 緑のパッサージュ2021 緑のパッサージュ2021 緑のパッサージュ2021 緑のパッサージュ2021

スークへの思いをパッサージュで

パッサージュの10日間 

2021年4月26日〜5月5日

パン屋とコーヒー屋は、その10日間毎日オープンしています。今年もスークは開催しません。昨年は、スークの中止を決めました。

コロナウイルス発生の中で、意識を持って考えた結論でした。それは、何かのせいにすることもなく、その今を思い、自分たちの意識の中で出した結論でした。そしてスークは、何も気にしなくていい時になったら再開しようと。もし一年が過ぎ、その時大丈夫な時が来ていたら・・と。
  そして今年の春、スークは開催できませんが、「パッサージュの10日間」 として・・校庭にテントを張ることなく、パン屋とコーヒー屋があるパッサージュを中心に、左右に広がる屋根の下で、お店がいい間隔で軒を並べられたら・・と。パッサージュのように・・

そしてランチルームでの食事の提供は致しません。音楽のステージもありません。1日の出店数はこちらで考えた数になり次第受付終了としますね。ここパッサージュのある地は、ドアがありません。そしてお客様が過ごす場所は、天井もなくて壁もありません。

迎える人、訪れる人、お互いの責任の中に「パッサージュの10日間」
在ることができたなら・・と今考えます。

マスクの着用や手指の消毒は基本とし、どのようにその時を迎えるのか、考えていきたいと思っています。各自が密にならないことを心がけてもらえたらと、思っています。

スークとは元来、キャラバン(隊商)の通る街外れに定期的に立つ交易の市で、祝祭の場でもあり、部族紛争のときも中立性が担保されていました。家畜や農作物、工芸品が売られるだけでなく詩歌の出来を競ったりも。アフリカでは今なお、人々はただ座って時を過ごしたり、語らうためにだけスークに集まってくるのです。

そんな場所がスークだと知り、この緑に包まれる時を「スーク緑の10日間」と名づけました。もう7年も前になります。スークという名に相応しい場所で在ると、いつも思いながらこの時を過ごしてきました。

コロナウイルスが収まらないこの今でも、この緑に囲まれ、鳥の声や空の青さや川のせせらぎの音だけが聞こえます。ここにいると、何も起きていないと思えてしまう・・そんなことをいつも思います。

だからこそ・・だからこそスークを開催するのは、コロナウイルスが収まった時に、心配をすることのない時にと思うのです。心配のない時が来ましたら、どんな時にもスークを開催したいと、決めています。

「パッサージュの10日間」
4月26日(月)〜5月5日(水)
緑に包まれる時それぞれの時の中に・・

緑のパッサージュ

アクセス


鳳来寺山表参道
旧門谷小学校(かどやしょうがっこう)
〒44-1944 愛知県新城市門谷字宮下26
時間 : 9:00~16:00
電話 : 090 1232 2605 / 080 3646 9244